秋田商工会議所青年部
  1. トップページ
  2. 秋田YEGについて

秋田YEGについて

令和6年度 基本方針

 

令和6年度会長 佐藤 新一
 

We unite as YEG

~ 地域の明るい未来のために そして次代へ ~

 

 令和6年度、秋田YEGは大きな節目を迎えます。
令和4年度に開催地として全国大会を経験し、令和5年度には創立50周年記念事業を実施し、そして令和6年度には日本YEG会長を輩出します。このような機会をくださった先輩諸兄姉に敬意と感謝の意を表すとともに、私たちがこの数年間重ねてきたたくさんの経験と成長を、地域の明るい未来創造のために活かしていく責任があると深く感じています。
 ここ数年の出来事や災禍は、私たちにどのような影響をもたらしたでしょうか?
DX化は加速度的に世の中を進化させていますが、便利なオンラインツールは実際に逢って繋がる機会を減らしました。また、大きな事業を成し遂げたことに達成感を感じている会員がいる一方、燃え尽き感やモチベーションの低下が危惧される会員も見受けられます。しかし、私たちには、組織の一員としての責任や、秋田YEGとしての大きな使命があります。YEGへの入会理由は人それぞれでしょうが、会員一人ひとりが成長し、会として団結し、皆がベクトルを合わせて歩を進めることが出来れば、地域の明るい未来に大きく貢献できるはずだと確信しています。そんな想いをこのスローガンに込めました。
 「We unite as YEG ~地域の明るい未来のために そして次代へ~」
私たちは秋田YEGが向かうべき道導となる中期ビジョンを策定し、地域経済の活性化を目指します。実現のためには、ビジョンへの理解を深め、会員同士のコミュニケーションを重ね、強固な絆で結ばれる必要があります。会員一人ひとりの成長と自企業の成長が秋田YEGの成長に繋がり、私たち青年経済人の団結と発展が地域の発展に繋がると確信しています。出会いを大切にし、信頼関係を構築し、ビジネスで繋がり、お互いが支え合い、大きなことを成し遂げ、喜びを共有できるということがYEGの最大の魅力ではないでしょうか。
 団結こそ力です。豊かで住みよい地域づくりに貢献するために、誰一人取り残されない組織を目指します。また、時代の変化にしなやかに対応しながら新たな挑戦を続け、それらを検証・ブラッシュアップし、知識や経験を次代へ繋げます。地域から必要とされる組織であり続けるために団結し、共にYEG活動に邁進して参りましょう。

 

1.交流
会員相互の交流を軸とした研鑚を行い、一人ひとりの成長と強固な絆づくりを促進し、秋田YEGの成長を地域の発展へと繋げるYEG活動をしていきます。

 

2.地域貢献
コミュニティとしての責任を自覚し、役割を果たすために、交流を通じた地域貢献を行うYEG活動をしていきます。

 

3.ビジネス交流
多種多様な会員が繋がり、成長し、支え合うことで、地域の経済的発展を目指すために、会員一人ひとりが青年経済人として成長できるYEG活動をしていきます。

 

4.未来提言
商工会議所活動の一翼を担う組織としての自覚を持ち、親会事業の理解促進と交流を図ります。そして地域の様々な課題を検証し、政策提言への道筋を創るYEG活動をしていきます。